car magazine

デイトナハウスと宝塚店の出会いは、この一枚の写真からでした。

2000年当時、LDKinc.が連載していた「クルマ居住学」の1ページ。(car MAGAZINE No269より)

デイトナハウスの原点ともいえるこの家は、カタチに出来ず、”男の妄想”で終わっていました。
当時、この雑誌をリアルタイムで手にした私は、このフローティングハウスが忘れられず夢見てました。

そんな中、読んだ下の記事。2016年”Daytona”9月号に連載していた「CASE STUDY」。
月日が過ぎ、デイトナハウスというカタチで実現できるようになり、声が出るほど驚いたのを覚えています。

宝塚店では、このフローティングハウスに特化したい、力を入れたいと思っています。
フローティングハウスに興味のある方はエリアを問わず、是非一度、宝塚店までご相談ください。